‘カギ’ カテゴリー

電子ロックタイプのカギの安全性

最近ではホテルなどで使用する電子カードタイプのカギも多くマンションや、アパートなどに導入されています。カード化の時代の中カギもカードにしてさらにセキュリティの向上が発展していく昨今ですが、その安全性について、今回は記述します。電子ロックのカギの安全性を記述する前に従来のカギの危険性を記述します。従来の物の危険性は、簡単に複製できてしまう点にありました。粘土などの型にはめて、型を作りさえすれば簡単に複製が出来てしまいます。カギという物は、自分の家、又はロッカーや、貴重品などを保存する大切な個人情報です。ひとたび無くしてしまうと、危険性は大きく跳ね上がるでしょう。カギといっても大きい物から小さいものまであり、無くすという観点から見ると、おそらく無くしやすい物の部類に入ります。つまり、無くしやすい、複製しやすい、という欠点があるという事です。それでも、必死に無くすまいと、チェーンで肌身離さず見つけていたり、などをして試行錯誤しながら暮らしていると思います。電子ロックタイプについては、これは、簡単には複製されません。それは、キャッシュカードなどに導入されている、ICチップが埋め込まれているからです。ICチップは、より高度なセキュリティを用いる場合に導入される傾向があり、ましてや、家や貴重品管理といった重要な個人情報に関しても例外ではありません。カギの特性上、ICチップを読み取り、ロックを外すという点で高度セキュリティに特化したものです。そのようなICチップを埋め込んだ場合のカギの安全性はどうかというと、とても凝固に複製もしにくい、カードタイプという事で財布に入るという事で無くしやすさはかなり半減しています。しかし、気を付けなければいけないのが、もし無くした場合です。そうなると、カード再発行という事になります。キャッシュカード類を無くしたのと同様に、まず管理会社へカード停止を要求し、再発行手続きという流れになります。カードなので発行に時間がかかり、数日はカギがない状態で生活という事になります。どちらにしてもカギは無くさないという強い意志が必要になってきます。凝固に守られたICカードタイプのカギは、安全性にすぐれ、お年寄りが暮らす。介護施設などでも用いられ導入が進んでいます。近年セキュリティという面から自宅のセキュリティがほぼカード化になれば安全対策はほぼ万全と言えます。