カード式のカギについて

カギにはたくさんの種類があり、これは開けられては困る時にかけるものです。これを開けようと試みる人もいるため簡単には開けることが出来ないカギに日に日に進化しています。私の家のカギはカード式です。昔済んでいた場所でのカギは一般的なものでした。従って今現在のカード式に少し戸惑いを感じるときもあります。しかし、このカード式のカギは保管する時にとても便利だということに気がつきました。現代では、クレジットカード、メンバーズカード、病院での診察券などでカードをたくさん持っている人が多いと思います。私もその一人ですが、このことが理由でカードをまとめるためのカードケースを持っています。そのカードケースにカード式であるカギを入れることが出来ます。このタイプのカギは防犯に対してとても良いと聞きますので私は安心して使うことが出来ます。以前は普通のタイプのカギでよく紛失をしていました。これは私にとって保管しにくかったからかもしれません。そして、紛失してしまった場合にはドアノブにあるカギと本体をすべて変えなければならないので少し、手間がかかることになります。今のカギはさらにオートロックでドアを閉めることによって自動で施錠されることになっています。このことによってカギのかけ忘れも防ぐことが出来るのです。もし、今後引っ越すことになり普通のタイプのカギに変更になったならば、一番に注意することはカギのかけ忘れだと言う事です。前述したように日に日にカギは進化して行っているので今後の新しいカギのアイデアが楽しみでもあります。もし、新しいカギが発明されてそのカギを使用している住居が現れたらぜひそこに住んでみたいと考えています。今はパスワードのように人の顔や指紋を認証して施錠できるカギもあります。これらもぜひ私の生活に取り入れてみたいです。カギは大切なものを守るための重要なものになります。これらを楽しんで使える日が来ると良いです。

コメントは受け付けていません。