カギはどこで使う時に必要か

カギは出かける人が自分の家に鍵を閉めて帰ってくる時に開けたりして使う物です。カギを使っているほとんどの人が使わないことをおかしいと感じるくらいに多いです。カギの主な役割は泥棒や空き巣などの盗難から家を守るために必要な物であり、それがないと盗難から家を守ることをできず家の貴重品が盗まれることがあります。逆に盗めれてもいい人は家の中に取られるような貴重品が存在せず、置いてある物はほとんど価値のない日用品であると考えられます。カギをかけて出かける人は外での用事が済んで家に帰り家に着いた時にカギで空けようと思ったら失くなっていたという場合もあります。その場合、カギ屋に頼んで家の扉を開けてもらう他ありません。また落とした鍵は誰かに拾われて悪用されることもあるので別のカギと扉のカギ穴を変えないといけません。カギを紛失して別のカギに変える時と扉のカギ穴を変える費用は少なからず高いです。対策としてはカバンのファスナーなどにカギを収納して落とさないようにすることです。口が閉じるカバンに入れればカバンが失くなりでもしない限り失くすことは絶対ありません。多くの人はジーパンの尻ポケットに入れたりチェーンのような道具でジーパンに繋いで持ち歩く人が多いですが、それは確実に落とす可能性があるのでやめた方がいいです。カギは家の扉を開ける以外にも様々な所で活用されています。カギそのものは存在しないのですが、金庫のダイヤルやカードの暗証番号など本人が考えて選んだ番号を入力しないと開けられないような物も存在します。実はこっちの方が一個のカギで開けるより優れています。自分の頭でカギの代わりとなる暗証番号さえ覚えていれば開けられるわけですから便利です。実際のカギだと探し回らないと見つからないし。もし忘れた場合は頭の中で大体心当たりのある番号を記憶していることが多いので失くしてもすぐに見つかるという保証があります。カギは自分にとっていつでも必要不可欠な物であるということが分かります。